スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやもうベタにだけは手を出すまいと思っていたのだが結局な。

えー。前回の更新で
ランプアイを飼育していた5リットル水槽セットに新たな魚を導入するなどと書いていたわけですが。
こんな魚がやってきましたよ、と。


トラディショナル・ベタ
NEC_0176h.jpg
…あああああああああ。やっちまったよ。



スマトラ、ランプアイに並んで大好きな魚なのだが。
いや、こいつばかりはもう飼うまいと心に誓っていたのだがな。



迷宮器官がどうだのコップで飼えるだの馴れるだの♂同士はデスマッチだの。
今更な話はかっ飛ばす。



ベタという魚を飼育し始めると行き着く先は大抵、
“ボトルによるシステマティックな管理”と言うパターンが多いのではないだろうか。
それなりに頑健で耐えてくれる彼らを底力を当てにした方法で、
1リットル程のボトルに水を張っただけの環境に、
個別に放り込んで日々水換え、と言う感じ。



腕の立つ人であれば、これだけで寿命が尽きるまで飼育することが出来るので、
少し気を抜くととんでもない数のボトルが家中に乱立していることも多いが。
これにセーブをかけるのが、冬場の温度管理の煩わしさ…だと思う。多分。
ヒーター入りのトロ箱にボトルを入れるのが一般的だが、
これがまあ、ちょっとメンテナンスが面倒くさくなったり観賞し辛くなったりするし、
かと言って新たにヒーター入りの水槽を立ち上げるにも、ベタは混泳不可である。
こうなってくると、あまり増やしすぎるのもなー、などと
涼しくなって来たときに我に返ったり出来る…と思う。多分。



ところが我が家のように、温度管理の必要性が無い飼育部屋なんぞあるとだな。
その辺りの配慮をしなくていいもんだから、際限無く増えていくんだよこれがな。
そうして気が付くとメンテナンスが面倒くさくなったり観賞し辛くなったりと、
何が何やらわからない状況になってしまったりする。



…そんな事態を避ける為、ベタの飼育は避けていたんだがなあ。



どノーマルのトラディショナル。どノーマルの青系。
NEC_0029h.jpg
コイツはコップどころか惣菜パックに入れられて販売されていたのだが、
ミョーにコンディションが良かった。


NEC_0050h.jpg
良くもまあ、ご自慢のベールテールがダメにならなかったものだ。



NEC_0006h.jpg
派手なフィンスプ。見ていて飽きない。
ハーフムーンじゃなくても十分楽しめる。


NEC_0011h.jpg
で、気が付けばこんな状態。アイタタター。
これだからベタってやつは。なあ。



とりあえずこれ以上増やさない為にも、フィルター付きの環境で飼育するべく、
徐々に環境を変えている次第。



そう言えば。
メタリカって今、流行ってないのかな?
全然見かけない気がする。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
スポンサーサイト

tag : アクアリウム 熱帯魚 ベタ 小型水槽

ランプアイが引越したので余った水槽で別の魚の導入準備を進めてみる。

ものぐさを絵に描いたような自分にしては珍しく、
すくすくと成長してくれたランプアイの稚魚たち


産卵数自体はそう多くは無かったのだが、
思った以上に歩留まりが良かったので、
水量5リットルの親水槽で同居させるのは、
少々どころか相当無理が出て来た。


ランプアイは今後も世代を重ねて継続繁殖したい種類なので、
全員で同居するには手狭になったメダカ飼育セットから、
ピグコリ稚魚をキープしていた30cm水槽に引越して頂いた。
ちなみにピグコリ稚魚はすでに親水槽に合流していて…
って、ややこしいなオイ。


とまあ、色々と飼育魚の宿替えを行った結果、
5リットルサイズの水槽が1つ余った。


水槽が1つ余ったとなれば、ここはやはり何か飼うしかないよな?
何かと言うよりこの水量なら…
うーん、やはりアイツしかいないな。


ってな訳で早速、大掃除開始。


NEC_0191h.jpg
ぎゃああああああ。
何だこのスマトラ水槽並の汚れっぷり
こんな環境で良く繁殖出来たなあ。すごいよランプさん…


NEC_0190h.jpg
壁面をゴシゴシした後、投げ込みフィルターを戻して。


NEC_0189h.jpg
流木で水流を弱めて。


NEC_0188h.jpg
掃除したばかりの水槽は白濁が酷いなあ…
っつーか白濁より、メラミンスポンジの汚れが酷い。


NEC_0187h.jpg
ひと晩たったところ。うん、これならまあ何とか。



この水槽では現在、スマトラと並んで大好きな観賞魚を飼育している。
うーん、1匹だけで良かった筈なのだが、気が付けばこれがまた。なあ。


その辺りの話はまた次回にでも。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ


ってなわけで、帰って来たアフェリエイトリンク。



ランプの繁殖にも使えたお手軽セット。但しヒーターは別売り。
和メダカの飼育・繁殖もこれで良いんじゃないでしょうか。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

tag : アクアリウム 水槽 熱帯魚 小型水槽 アフリカンランプアイ

若干変化が見られないこともない新春記念ボトルアクアリウムに若干変化を加えてみたよ、と。拍手返信もあるよ!

あー。
勤め先が鬼のような決算期を迎え、
連日残業で身も心も荒み切っている今日この頃。


ブログの更新は絶賛遅延中ではありますが、
観賞魚の飼育としてはこれからがピークなので、
何を隠そうあれこれ変更したり買い足したりと、
水面下では激しく活動しております。


本日は久しぶりに、新春記念ボトルのその後など。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


暮れも押し迫った昨年12月末日に、
いきなり立ち上げた密封型ボトルアクア
劇的な変化があったわけでは無いのだが、
5ヶ月も経つとそれなりに様子も変わって来ている。


現在の様子。
NEC_0186.jpg

密封型とは言え、ほんの僅かではあるが水位が下がって来ている。
長く伸びたアナカリスの葉先も赤茶けて来た。
隣りのボトルは網蓋方式で時々足し水をしている関係か、
同じアナカリスでも密度が高く、色が濃い。
空気や水が交換されること以外にも決定的な何かがあるのかもしれない。

NEC_0185.jpg

ミジンコの数も以前に比べると、随分減っているように思う。
このままだと物凄く緩やかなペースで崩壊するのか。
しかしながら、底の方のモヤモヤしたものやガラス面のコケは逆に育っているように思う。
このままだと物凄く緩やかなペースで拡張するのか。


うーん。どちらにしても物凄く緩やかなペースっぽいな。
少し変化を加えてみたい…


NEC_0184.jpg
ってなわけで、置き位置を変えてみた。
我が家では数少ない窓越しの柔らかな日差しが当たる窓際である。
飼育部屋に比べれば寒暖差は激しくなるが、
他の部屋に比べると比較的温度差の少ない場所でも有る。
小窓なので日中の暑い最中は、換気の為に窓を開けることが出来るし、
人の目に付き易い場所なので忘れず観察することも出来る。
何よりも猫どもに叩き落される心配が無いのが良い。



まあ、2階便所の中だからな。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんな底辺ブログの閲覧&拍手、ありがとう!そしてありがとう!!
相変わらずの牛歩レス、本当に申し訳ないですションモリ。
私のハートが勝手に決めた、読者エンジェル(←うわ、管理人キモい)stillさま。
続きから拍手返信よろしくどうぞです。


stillさま>


続きを読む

テーマ : 水草水槽
ジャンル : ペット

tag : ボトルアクアリウム 水草

すっかり放置のミナミヌマエビ水槽の稚えび動画など。拍手返信もあるよ!

えー。
皆さまGWはいかがお過ごしでしょうか。
昨年に比べても何だがまだ寒いような気がするのは自分だけでしょうか。


寒いとはいえ気候もそれなりに良くなって来て、
水周り関係のメンテナンスなどは格段に楽になっている…筈なのですが。
気候が良い日の休みは何かと出かけたくなるので、
メンテナンスどころか水槽なんぞすっかり放置状態の今日この頃。



昨日は一日中外出していた為、全然頭が回っていないのですが。
やっつけ的に立ち上げたミナミヌマエビ水槽のその後の様子など。




デタラメに立ち上げた割には環境も安定し、
それなりに抱卵個体も見られたミナミヌマエビ水槽なわけですが。



どうにか脱卵することもなく、無事に稚えびも誕生…
NEC_0080h.jpg
親えびと張り合って餌もモサモサ食べている。の、ですが。



メスは結構な比率で抱卵し、次々に稚えびは誕生しているものの、
これと言った工夫もなく完全に放置状態の為、何やら極端に稚えびの歩留まりが悪い。



お世辞にも広いとは言い難い環境での過密繁殖である。
水換えはそれなりの頻度で行っている為問題は無いのだが、
脱皮したメスや稚えびが、オスに襲われているといったところか。



また、種親は我が家に来たときからかなりの大型個体ばかりだった為、
最期の産卵を終えた後死んで行くメス個体も出て来ているので、
気が付けば随分スカスカな水槽になってしまった。



ひたすら稚えびが泳いでいるだけの長くて退屈な動画。




最期の繁殖を終え、亡くなったメス。
NEC_0081h.jpg
天を睨んだまま死んでいたのでラオウと命名。
たくさん子孫を残してくれてありがとう…ってか、育て上げるのがヘタでスマヌ。


すぐにでも抱卵できるようなサイズの個体が減ってしまった。
そろそろオスは別に分けるなり、稚えびの隠れ場所を増やすなり、
何らかの対策をしないとなあ。



すっかり拍手返信が遅くなってしまって申し訳ありません!
返信は遅いくせに嬉しいので、
ニヤニヤしながら何度も読み返すという、かなりキモい状態になっています。
stillさま、こんな私でよかったら続きを読むからどうぞー。



続きを読む

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

tag : ミナミヌマエビ 繁殖

飼い犬の話をあまりしない自分はどうやら少数派らしい。で、我が家の犬の話。

観賞魚以外の飼育動物の話、たまには。


あまり話をしないので、驚かれることが多いのだが。
何を隠そう、と書きつつも別に隠してはいないのだが。
何を隠そう自分は、小型犬を飼っている。
クロスブリード。MIX犬。
日本古来の伝統的な言い方で言うと、雑種犬。
特徴的な顔付きや毛並みから推測すれば、おそらくチワワとポメの雑種だろう。
我が家ではチワラニアンと呼んでいる。


犬の飼い主さんと言うと、とにかく愛情たっぷりな方が多い。
何よりも我が愛犬の幸福を願い、それを至上の喜びとし、
自分ちの犬の話を日が暮れるまで延々と続け、
我が愛犬の待ち受け画面を、


「見て見て見てー!うちの可愛い○○ちゃん!!」


と見せる。そんなイメージ(つーかこれ、猫の飼い主さんもか)。


そんな犬の飼い主さんを微笑ましいとは思っても、
自分自身がそういったことは一切しないし、
しているところを想像すると、頭を掻き毟りたくなる位サムい。


自分も当然、我が家の犬はものすごく可愛いし、
飼い主として食・住・教育はこの命尽きようとも保障するつもりだが、
それは家族としての犬と自分の中で完結すべき問題であり、
世間様に公表するつもりは無い。それだけのことである。


早い話がまー、あれだ。
娘の卒園式の為に有給はとっても、家庭の話を一切しないオッサンみたいなもんだ。
いや、自分はこれでも♀なのだが。


そんなわけで我が家の犬の話はあまりしないのだが、
これは犬の飼い主さんとしてはどちらかと言うと少数派になるらしい。


我が家の犬は、相棒が職場近くの海岸で拾って来た。
拾って来たということは、捨てたバカがいると言うことだ。
一応あれこれ配慮して、保険所や警察などにも当たってみたのだが、
捜索犬の届出は出ていないと言う。
近辺の貼り紙や、ネット上の尋ね犬にも該当する犬はいなかった。


見た目は元気で食欲もあるのだが、何やら挙動がおかしい。
拾って来た相棒曰く、左後脚の足首から先が欠損していると言う。
おまけに前脚、後脚とも素人目に見てもわかるくらいのO脚だし、
足首の欠損やO脚である展を差し引いても、歩くときの腰の振り方が尋常では無い。


健康診断も兼ねて獣医さんに診て貰ったところ。
腰の振りは股関節形成不全などと言う生易しい状態では無く
股関節が脱臼したまま固まってしまっている状態だと言う。
それだと普通は歩けないのでは?と聞くと、


「普通はね…でもこの子は、歩けると言う奇跡を見せてくれていますね」

と、感慨深そうに言っていた。


さらに追加すると。
少し激しく歩いたりはしゃいだりすると息切れを起こすのは、
脚のせいだけでは無く、気管が形成不全でひしゃげた形になっていて、
負荷が大きくかかるから、とのことだった。


足首欠損、股関節脱臼、四肢の湾曲、気管支形成不全によるチアノーゼ。
こうなればもう、捨てた元の飼い主はただのバカでは無く、
悪逆非道の鬼畜と言っても良いだろう。
ついでに言うと、無計画なブリードをしたヤツはそれ以下のクソ虫だ。
いや、この言い方は虫に失礼だな。
お前らの血は何色なんだよ。言ってみやがれクソ鬼畜ども。



…とまあ、悪態をついたところで犬の身体が良くなるわけでは無い。
健康を損なわないよう注意して、我が家で生活させれば良いだけのことである。


こんな身体だという事実。
可哀相っちゃ可哀相なのだが。
本人(本犬か)はどうもハンデだと思っていないらしい。
犬がそれをハンデだと思ってない以上、自分もそれをハンデだと思わない。
食・住には気を遣っているが、教育に関しては普通に行っている。


…それでも身に付いていないことがあるのは、
犬のせいではなく、自分の教育が下手なのだ。深く反省。


彼女の名前はジョイ。
喜びに包まれた犬生になりますように。


NEC_0054.jpg



テーマ : ■MIX犬■
ジャンル : ペット

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

蓮

Author:蓮
ようこそ嫌味と皮肉と苦笑の熱帯魚&もろもろ飼育ブログへ!
熱帯魚とげっ歯類と犬猫と狐とイタチと爬虫類と両生類と人間と暮らすリーマン主婦が綴る、気難しくてマヌケな熱帯魚+αの飼育ネタ。
他にもごちゃごちゃブログやっていて、レスをお返しする時間的余裕が無いので、コメント欄閉じてます。ダメなヤツでスンマセン。
何かありましたらメールフォーム&拍手からどうぞー。
(↑何て宣伝がましいんだ…)

最新記事
カテゴリ
ランキングバナー
無駄にたくさん登録。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。