スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そりゃーそんなものまで含めてりゃ、日本は妖怪吹き溜まりにもなるだろーよ。ファイナル!

えー。
さんざん引き伸ばして書き散らかしてきた妖怪話シリーズ。
今日でいよいよ本当に、本当にファイナルシーズンです。
皆さんほっと、胸をなで下ろしていることでしょうな。



そもそも、「名称の発生」とは、どういった現象なのか。


元を正せば「物の名称」などと言うものは、
会話をするときに“所在や存在をわかりやすくする”ために
人間が勝手につけているだけに過ぎない。
“そのもの”がいちいち自分たちのことを、
「今日からボクたちを“猫”って呼んでほしいニャー」だの
「とりあえずオレたちは“鯉”って通り名でよろしこ」だの
言い出したわけではないからだ。
何たって人間でさえ、名前どころか
あだ名ですら自分で付けられないのが普通で
E電だろーがアミーゴだろーが、“本人言い出し系”などは
即却下されるのがよい例だ。


要は単なる“第三者の利便性や好み”の問題だと言える。
その中から最大公約数的な要素を持ったものが、「正式名称」
内輪受け、楽屋落ち的な要素を持ったものが、「あだ名」
として定着する。それだけの話だ。


だったら別に。
個人で勝手に呼称する「あだ名」においては
鯉のことを河童と言っても問題はなかろうて。
鯉や落ち武者から苦情が来るとも思えないし、
「カマキリ」という名称の虫もいれば、魚もいるのだから。
(↑これはマジで)


だから京都の某神社で見かけたあの生き物は、河童なのだ。


ま、当時の落ち武者は内心、
『河童って言うな!』などと思っていたかもしれないが。
立場的にちょっと言いづらいだろうしなあ。



…という、長い長い「言葉のロジック遊び」でした。



余談ながら。
自分の周りのヤロウどもに
「河童に尻小玉を抜かれるのと、河童頭のオヤジに尻を狙われるのと
どっちがマシか?」とたずねたところ。
満場一致で、「河童でお願いします」との事だった。
やっぱみんな、河童のこと信じてるじゃねーか。



…って、さんざん引っぱってそんなオチかよ!!怒!!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト

そりゃーそんなものまで含めてりゃ、日本は妖怪吹き溜まりにもなるだろーよ。(10)

えー。
さんざん引き伸ばして書き散らかしてきた妖怪話シリーズ。
今日でいよいよファイナル…などと書いておきながら
実は予定外というかそのー。


もう1日あったりするんだこれが。許せ。


魚好き以外にはあまり知られていないことだが。
魚と言うのは意外に鳴き声をあげる生き物で、
大型の鯉などはたしかに、「キキーッ!」という
かなり耳障りな鳴き声を上げるときがある。



皆さん、しかしだ。
今までの捏造…もとい!
検証を思い出して欲しい。



“すねこすり=猫”
“川男=ホームレスの方”
“河童=落ち武者”と、いうことはだ。



現役の落ち武者が絶滅したと思われる平成日本では。
(子孫の方は大勢いらっしゃると思うが
現役で落ち武者の方はさすがにもういないだろう)



“河童=落ち武者の霊”ではなかろうか?!



それにしてもだ。
「河童を見た!」と言うと、みんな鼻で笑うのに
「落ち武者の霊を見た!」と言うと
本気で怖がるヤツがいるのは何故だ?
どっちも同じだと言うのに。まったく。
稲川淳二あたりがその辺を立証してくれれば
話は早いのであるが、全然そんな気配がない。



…って、河童はさておき(え?)落ち武者の霊なんかは
ぜーんぜんっ信じてないんですけどね。←おい!!
自分の言いたいところは、もっと別の部分にある。



そもそも、「名称の発生」とは、どういった現象なのだろうか。


(待て、次号!いよいよファイナル!
いや、今度はホントにマジで!)


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

そりゃーそんなものまで含めてりゃ、日本は妖怪吹き溜まりにもなるだろーよ。(9)

水木しげる先生の妖怪図鑑から、
“さがり”や“川男”の話を持ち出し、
あげくには「河童=落ち武者説」まで
口八丁手八丁でフカシ続けて…げほげほげほげほげほ。
検証し続けてきた、『妖怪誕生秘話』ですが。



話はいよいよ、自分の「河童目撃情報」に戻る。



自分が河童を見たのは、京都の田舎方面にある
某神社の池である。
忘れもしない…って、実は半分忘れかかっているのだが
あれは忘れもしない夕暮れ時。
神社の池にかかった石橋をおもしろ半分で渡っていると、
右横の池から「キキーッ!!」という奇声と共に、
バシャン!!とかなり大きな水音がした。
食用ガエルなどの飛込みとは比較にならないほど大きな音だ。
振り向いたその一瞬、グレーがかった平たい大きな手が
視界にちらりと入ったのである。



河童だ。ありゃー間違いなく河童だ。



直感でそう感じた自分は、神社の外で待機していた家人に
「河童じゃあ!河童が出たあ!!」などと、
戦国時代の村民を地で行くくらいに騒ぎ立てたのだが。
冷静なる家人はひと言。



「いや、それ多分鯉だから。落ち着け」と言い放った。



魚好き以外にはあまり知られていないことだが。
魚と言うのは意外に鳴き声をあげる生き物で、
大型の鯉などはたしかに、「キキーッ!」という
かなり耳障りな鳴き声を上げるときがある。



皆さん、しかしだ。
今までの捏造…もとい!
検証を思い出して欲しい。



(待て、次号!いよいよファイナル!いや、マジでマジで)



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

そりゃーそんなものまで含めてりゃ、日本は妖怪吹き溜まりにもなるだろーよ。(8)

えー、生き延びるために収穫物を食ったり
やりたくもない相撲を取ったり
馬を盗んだりしているうちに、
すっかり妖怪としてのキャラが確定していく
落ち武者だったりするわけですが。


村人だって、のん気な人ばかりじゃない。
「ありゃ落ち武者だ!」だと気付いた人もいたんじゃないか。
しかしウカツにそんなことを言いふらして、
追っ手が村に介入して来ても、こりゃーややこしい。
ヘタをすれば村ごと焼き払われる可能性だってあるのだ。


こんなとき一番厄介なのは、「子供の口を封じる」ことである。
子供というのはびっくりするほど耳年増な上に
とんでもないところでとんでもないことを口走ったりする。


余談だが、21世紀の平成日本でも
“一等の宝くじが当たったのがバレる”原因は
「子供が言いふらした」が第1位らしい。


閑話休題。


うん。この際だ。河童と言うことにしてしまえ。
あの池には河童がいる。絶対近付いてはいかんぞ。
河童は子供の尻小玉が大好物だからな。
河童に尻小玉を抜かれて食われちまったら、死んでしまうぞ。


平成生まれの今どきのちびっ子たちならまだしも、
テレビもねえ、ラジオもねえ、ってか電気もねえってな時代である。
尻小玉ってのはいったいなんなのかさっぱりわからないが、
純朴な子供達にしてみれば、そりゃーもう戦々恐々だっただろう。



案外、河童の誕生なんて、こんな感じだったように思うのだが。



で、話は自分の「河童目撃情報」に戻る。


(待て、次号!いよいよファイナルか?!)



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

そりゃーそんなものまで含めてりゃ、日本は妖怪吹き溜まりにもなるだろーよ。(7)

えー。「河童=落ち武者説」もいよいよ佳境に…
入ったかどーかは知りませんが。
今日もまたサクサク行きます。


落ち武者の奇声&奇襲に驚いた村人は
収穫したばかりのきゅうりを落としていきました。
さて、どうなるのか。


どうなるのかって。
命からがら飲まず食わずで逃げてきたんだから。
そりゃ食うしかないわなあ。


「河童=きゅうりが好き」


村に逃げ帰った人の話を聞いて、
調子ぶっこいた力自慢の若者が河童退治にやってきた!
さあ、どうする?!


さあ、どうする?!って。
戦うしかないわなあ。
道楽半分の若者と違い、落ち武者は命がけだ。
しかも死線をくぐり抜けて来たのだから、
気合が全然違う。


「河童=相撲が強い」


落ち武者の中には、足軽レベルだけではなく
それなりの立場の人もいただろう。
そんな人になると、馬の扱いなども長けているので
夜中に馬を盗んでさらに落ち延びる、
何てこともあったんじゃなかろうか。


朝になってみると、馬がいない!
河童の姿も見当たらない!!
どうしたことだ!!


「河童=馬を川に引きずり込む」



こうして妖怪は“創られて”いくのだ。



(待て、次号!こうなりゃヤケだ!!)



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

蓮

Author:蓮
ようこそ嫌味と皮肉と苦笑の熱帯魚&もろもろ飼育ブログへ!
熱帯魚とげっ歯類と犬猫と狐とイタチと爬虫類と両生類と人間と暮らすリーマン主婦が綴る、気難しくてマヌケな熱帯魚+αの飼育ネタ。
他にもごちゃごちゃブログやっていて、レスをお返しする時間的余裕が無いので、コメント欄閉じてます。ダメなヤツでスンマセン。
何かありましたらメールフォーム&拍手からどうぞー。
(↑何て宣伝がましいんだ…)

最新記事
カテゴリ
ランキングバナー
無駄にたくさん登録。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。