スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そりゃーそんなものまで含めてりゃ、日本は妖怪吹き溜まりにもなるだろーよ。ファイナル!

えー。
さんざん引き伸ばして書き散らかしてきた妖怪話シリーズ。
今日でいよいよ本当に、本当にファイナルシーズンです。
皆さんほっと、胸をなで下ろしていることでしょうな。



そもそも、「名称の発生」とは、どういった現象なのか。


元を正せば「物の名称」などと言うものは、
会話をするときに“所在や存在をわかりやすくする”ために
人間が勝手につけているだけに過ぎない。
“そのもの”がいちいち自分たちのことを、
「今日からボクたちを“猫”って呼んでほしいニャー」だの
「とりあえずオレたちは“鯉”って通り名でよろしこ」だの
言い出したわけではないからだ。
何たって人間でさえ、名前どころか
あだ名ですら自分で付けられないのが普通で
E電だろーがアミーゴだろーが、“本人言い出し系”などは
即却下されるのがよい例だ。


要は単なる“第三者の利便性や好み”の問題だと言える。
その中から最大公約数的な要素を持ったものが、「正式名称」
内輪受け、楽屋落ち的な要素を持ったものが、「あだ名」
として定着する。それだけの話だ。


だったら別に。
個人で勝手に呼称する「あだ名」においては
鯉のことを河童と言っても問題はなかろうて。
鯉や落ち武者から苦情が来るとも思えないし、
「カマキリ」という名称の虫もいれば、魚もいるのだから。
(↑これはマジで)


だから京都の某神社で見かけたあの生き物は、河童なのだ。


ま、当時の落ち武者は内心、
『河童って言うな!』などと思っていたかもしれないが。
立場的にちょっと言いづらいだろうしなあ。



…という、長い長い「言葉のロジック遊び」でした。



余談ながら。
自分の周りのヤロウどもに
「河童に尻小玉を抜かれるのと、河童頭のオヤジに尻を狙われるのと
どっちがマシか?」とたずねたところ。
満場一致で、「河童でお願いします」との事だった。
やっぱみんな、河童のこと信じてるじゃねーか。



…って、さんざん引っぱってそんなオチかよ!!怒!!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

蓮

Author:蓮
ようこそ嫌味と皮肉と苦笑の熱帯魚&もろもろ飼育ブログへ!
熱帯魚とげっ歯類と犬猫と狐とイタチと爬虫類と両生類と人間と暮らすリーマン主婦が綴る、気難しくてマヌケな熱帯魚+αの飼育ネタ。
他にもごちゃごちゃブログやっていて、レスをお返しする時間的余裕が無いので、コメント欄閉じてます。ダメなヤツでスンマセン。
何かありましたらメールフォーム&拍手からどうぞー。
(↑何て宣伝がましいんだ…)

最新記事
カテゴリ
ランキングバナー
無駄にたくさん登録。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。