スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやもうベタにだけは手を出すまいと思っていたのだが結局な。

えー。前回の更新で
ランプアイを飼育していた5リットル水槽セットに新たな魚を導入するなどと書いていたわけですが。
こんな魚がやってきましたよ、と。


トラディショナル・ベタ
NEC_0176h.jpg
…あああああああああ。やっちまったよ。



スマトラ、ランプアイに並んで大好きな魚なのだが。
いや、こいつばかりはもう飼うまいと心に誓っていたのだがな。



迷宮器官がどうだのコップで飼えるだの馴れるだの♂同士はデスマッチだの。
今更な話はかっ飛ばす。



ベタという魚を飼育し始めると行き着く先は大抵、
“ボトルによるシステマティックな管理”と言うパターンが多いのではないだろうか。
それなりに頑健で耐えてくれる彼らを底力を当てにした方法で、
1リットル程のボトルに水を張っただけの環境に、
個別に放り込んで日々水換え、と言う感じ。



腕の立つ人であれば、これだけで寿命が尽きるまで飼育することが出来るので、
少し気を抜くととんでもない数のボトルが家中に乱立していることも多いが。
これにセーブをかけるのが、冬場の温度管理の煩わしさ…だと思う。多分。
ヒーター入りのトロ箱にボトルを入れるのが一般的だが、
これがまあ、ちょっとメンテナンスが面倒くさくなったり観賞し辛くなったりするし、
かと言って新たにヒーター入りの水槽を立ち上げるにも、ベタは混泳不可である。
こうなってくると、あまり増やしすぎるのもなー、などと
涼しくなって来たときに我に返ったり出来る…と思う。多分。



ところが我が家のように、温度管理の必要性が無い飼育部屋なんぞあるとだな。
その辺りの配慮をしなくていいもんだから、際限無く増えていくんだよこれがな。
そうして気が付くとメンテナンスが面倒くさくなったり観賞し辛くなったりと、
何が何やらわからない状況になってしまったりする。



…そんな事態を避ける為、ベタの飼育は避けていたんだがなあ。



どノーマルのトラディショナル。どノーマルの青系。
NEC_0029h.jpg
コイツはコップどころか惣菜パックに入れられて販売されていたのだが、
ミョーにコンディションが良かった。


NEC_0050h.jpg
良くもまあ、ご自慢のベールテールがダメにならなかったものだ。



NEC_0006h.jpg
派手なフィンスプ。見ていて飽きない。
ハーフムーンじゃなくても十分楽しめる。


NEC_0011h.jpg
で、気が付けばこんな状態。アイタタター。
これだからベタってやつは。なあ。



とりあえずこれ以上増やさない為にも、フィルター付きの環境で飼育するべく、
徐々に環境を変えている次第。



そう言えば。
メタリカって今、流行ってないのかな?
全然見かけない気がする。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
スポンサーサイト

tag : アクアリウム 熱帯魚 ベタ 小型水槽

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

蓮

Author:蓮
ようこそ嫌味と皮肉と苦笑の熱帯魚&もろもろ飼育ブログへ!
熱帯魚とげっ歯類と犬猫と狐とイタチと爬虫類と両生類と人間と暮らすリーマン主婦が綴る、気難しくてマヌケな熱帯魚+αの飼育ネタ。
他にもごちゃごちゃブログやっていて、レスをお返しする時間的余裕が無いので、コメント欄閉じてます。ダメなヤツでスンマセン。
何かありましたらメールフォーム&拍手からどうぞー。
(↑何て宣伝がましいんだ…)

最新記事
カテゴリ
ランキングバナー
無駄にたくさん登録。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。