スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に熱帯魚水槽などを立ち上げてみるの巻。

今さら改めて書くのも何なのだが。
ってか、ここは別にペットブログでは無いので書いた記憶も無いのだが。
と言うより、ここは何時からペットブログになったんだってな話なのだが。
とまあ久しぶりにお約束の全く無意味なクドクド前口上から入っているわけだが。


今さら改めて書くのも何なのだが。
自分はそこそこの魚好きだ。喰うのも飼うのも。
幼い頃からそこそこ魚を喰い、小さい頃からそこそこ魚を飼っていて、
喰う方はさておき、飼う方はかれこれ20年程になる。ってか、歳がバレる。


こう書くと連続したキャリアのようだが、実際はそうでもなく、
当然ブランクのある期間も…あまり無いような…うーん…
ま、ブランクのある期間もあったりするのだが。
それでも20年間、何らかの形で魚を飼うことを続けて来たのだから、そりゃー歳もとるってもんだ。
歳をとっている割には、未だに『セミプロ級の魚飼いです!』と胸を張れない辺りがアイイタタターではある。


そんなこんなの魚飼い人生なのだが、今回のブランクは結構長かった。
観賞用、と言うよりは小動物のような感覚で飼育していたアネクテンス(肺魚の一種)が
原因不明の突然死を遂げた上、
ベランダ放置状態にも関わらず、勝手に3代目まで累代繁殖していたアカヒレ軍団が、
大雨によるオーバーフローで全滅してからというもの、
反省や後悔…などと言う深刻な感じではなかったのだが、


『魚なー。ちょっとここらで再確認をした方がいいんでないかい??』


みたいな心境に、なったとかならないとかなったとか。



そんなこんなで自分にしては、結構長かったが、何がきっかけというわけでもなく、
何かを再認識したわけでもなく、ただただ何となくまた水槽を立ち上げたというわけ。
前振りとしては何の意味もない話だな、これ。



基本的なことはグーグル先生や飼育書、専門誌などで幾らでも読めるので、
ただただ淡々と、うちの水槽と住魚の話を。


今回立ち上げた水槽。

45?だが水量16リットル。一般的な45?水槽に比べて、高さが無く厚みが薄い。
よく、“小型水槽は安定し辛く管理が難しい”と言われるし、実際に水量が多い方が環境は安定するのだが。
ならば無条件で大きな水槽が管理しやすいのかと言われれば、自分としては首を傾げてしまう。
大きな水槽には大きな水槽なりの管理のし辛さがあるからだ。


今までの飼育では、ジャムの空き瓶から90?水槽、タライや大型コンテナまで使ったことがあるが、
自分が最も巧く管理が出来るのは、経験から言って45?かなと思っている。
今回は“飼いたい魚に水槽を合わせる”のでは無く、“使いたい水槽に合わせた魚を飼う”飼育スタイル。



レイアウト。

と言っても、流木と安価な水草のみ。
自分は植物の育成が呆れる位下手なので、水草は出来れば植えたくないと言うのが本音なのだが。
魚にとって水草がある環境は、かなり有効なので入れることにしている。
流木は事前に、熱湯による灰汁抜き兼消毒。
流木を入れるのもまあ、魚の為ではあるのだが、
流木を中心とした魚の行動は見ていて非常に面白いので、
どちらかと言うと、自分の為に入れている。

水草のことは考えていないので、Co2(二酸化炭素)の添加は特に行わない。
予算的にも考えていないし。

床材のベースは10年物の大磯砂をベースに、何やら余っていた麦飯石で表面をカバー。
それにしてもこの麦飯石は、何故我が家にあるのだろうか。謎である。

ヒーターはサーモスタットと一体型で温度調整が可能なもの。26℃に設定。



濾過システムに関しての話。
自分は上部+底面の狂信者なのだが、このサイズの水槽では
適合サイズの上部フィルターを探すのは難しい。
なので濾過システムは、セットに入っていた水中フィルターに、底面フィルターを追加して連結。

ところで、自分は何故か、今主流になっている外掛けフィルターが大嫌いだったりする。
魚を飼うことから一時的に離れた理由を無理に挙げるとすれば、


『小型水槽は外掛けフィルターが主流だから』


と言い切れる位、嫌なのだ。
これは単なる自分の偏見と偏狭なので、外掛けフィルターを使用している方、
使用されている方はスルーして欲しい。



この状態で水槽内の環境を落ち着かせるべく、5日程空回した。



セッティングして5日経過してからの飼育水。

黄色くなっているのは流木の影響によるもの。
炭などで吸着してしまう等、色を取る方法はあるのだが、そこまでしようとは思わない。
タンガニイカ産等、一部の魚には不向きなのだが、他の魚にはあまり問題は無い。はず。
敢えて言うなら、観賞面では不向きと言えるか。
ま、こういう色目の水が好きだ、というのもあったりする。


熱帯魚飼育では必須とも言える、セッティング時のph測定だが、特に行っていない。
この辺はまあ、しなくても大丈夫と言うか、
今の家の水道水のことは何となくわかっていると言うか。
長年の勘。


今回の費用。計1,630 以下内訳

水槽セット…1,480
水草…150

流木、底面フィルター、床材、ヒーターは持っていたものをリサイクル。
照明は普通のスタンドライト。これも元々あったもの。


いよいよ中に入れる魚を“買いに”行く。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

蓮

Author:蓮
ようこそ嫌味と皮肉と苦笑の熱帯魚&もろもろ飼育ブログへ!
熱帯魚とげっ歯類と犬猫と狐とイタチと爬虫類と両生類と人間と暮らすリーマン主婦が綴る、気難しくてマヌケな熱帯魚+αの飼育ネタ。
他にもごちゃごちゃブログやっていて、レスをお返しする時間的余裕が無いので、コメント欄閉じてます。ダメなヤツでスンマセン。
何かありましたらメールフォーム&拍手からどうぞー。
(↑何て宣伝がましいんだ…)

最新記事
カテゴリ
ランキングバナー
無駄にたくさん登録。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。